指導員&職員の紹介

出口 彰一

この仕事で、普段大切にしていることは?

自分が運転する時は多くのことを無意識に行っていると思います。その無意識の部分を出来るだけ細かく掘り起こして分析してみます。

例えば、カーブでは行く先のカーブの形を読み取り、ハンドルは一度に回し切るのではなく、必要な量よりわざと少なめに回して後で回し足す分を残しておくようにしているなど。自分の運転をできる限り分析し、自分の中に多くの事例を蓄えておきます。

それを、教習生の方の状況に応じて伝えていくことを心掛けて教習しています。

松下 亜矢美

この仕事で、普段大切にしていることは?

良い出会いもたくさんありましたが、強く残っている記憶があります。

仕事を始めて2年程経った頃です。卒業証明書を受け取りにみえた教習生に、警察の窓口の受付時間がきちんと伝わっていなかったことがあり、受付してもらえなかったと苦情の電話がありました。

謝罪をしましたが、何度もクレームが入ってしまうこととなりました。その時、上司が謝罪の対応をしてくれてなんとか解決できました。

自分自身の不注意で、上司に迷惑をかけてしまった事が忘れられません。

このような経験により、お客様に伝えることには細心の注意を払うことが大切だと思っています。

お客様は白紙の状態であるので、正しい情報をわかりやすく伝えようと心掛けています。

笑顔や丁寧である事は基本の姿勢です。

また、電話での対応では特に顔が見えていない分、より注意が必要だと思っています。

入校を考えて複数の学校に問い合わせをしているお客様からしてみれば、料金やシステムはもちろんですが、その時の対応の丁寧さ、わかりやすさ、感じの良さがその学校の印象となるはずです。

お客様にとっては、自分が学校の代表となることを心に置いて対応しています。